ホーム>ひぐちの呉服ブログ

ひぐちの呉服ブログ

着なくなった紬を名古屋帯へ仕立直し(作り替え)

着なくなった着物や羽織から帯にリメイクできます!

紬を洗張りし、名古屋帯へ仕立直し(作り替え)しました。(完成品)
ポイント柄になりとても良い仕上りになりました!
紬を名古屋帯に仕立直し


洗張りした紬です。(加工前)
ほどいた着物や羽織は、スジを消すために必ず洗張りをしなければなりません。
洗張り代 表地のみ 9,000円~(税抜)
お太鼓や前部分など見える部分にはハギが入らないようにします。
紬を名古屋帯に仕立て直し


ハギは胴の中に入るように仕立てています。
帯芯は名古屋帯用の起毛芯を使用しています。
紬を名古屋帯に仕立直し


【料金】名古屋帯仕立 (帯芯代込み)・・13,000円(税抜)
※ 洗張り代は別途料金がかかります。

お母様や御祖母様から譲り受けた大切なお着物を帯にリメイクしてはいかがでしょうか?

 

 

お宮参り祝着にたとう紙の和紙がついてしまった

長年しまっておいたお宮参り祝着の金箔の樹脂部分にたとう紙の和紙がついてしまったのを丸洗いと特殊加工できれいにいたしました。【料金】お宮参り祝着 丸洗い 3,000円+シミ抜き 1,500円=計4,500円(+税)

 

お宮参り祝着 シミ抜き
加工前


               
お宮参り祝着 シミ抜き1
加工後

 

ゆかたの帯結び 名古屋帯風 お太鼓結び

ゆかたの帯結びをアレンジしてみました。

名古屋帯風お太鼓結びです。

ゆかた帯結び 名古屋帯風お太鼓結び

ゆかた帯結び 名古屋帯風お太鼓結び2

名古屋帯のように手先も作りました。

帯の長さは約4m08cmです。長めの帯ではないとできません。

今年の夏は、文庫ではない帯結びに挑戦してみてはいかがですか!?

この帯結びをしたらすてきな帯は、こちらにございます。

召しませ花の半巾帯をぜひご覧ください。

 

お宮参りの着物を三歳祝着にお直しする

生後30日ぐらいの赤ちゃんの時にお宮参りでお召しになられた一つ身の着物ですが、
お直しをすれば七五三の三歳のお祝着としても着られます!

袖丸み

上記画像のように袖に丸みをつけ袖が開いているところを縫い込みます。
そのままでは大きいと思いますので肩上げ・腰上げをしてサイズを合わせます。
着物の上に被布を着せれば三歳のお祝着になります。

加工 金額   備考
お宮参り袖丸み   5,000円 +税   長襦袢も含む
半衿付け  1,500円 +税   半衿代は別
三歳肩上げ  3,000円 +税   長襦袢も含む
三歳腰上げ  4,000円 +税   長襦袢も含む

 

男の子のお祝着もできないことはありませんが、五歳になると身体も大きくなり、ゆきが短くなる場合がございます。
一度羽織って確かめた方がいいですね。
ただし背中の柄が袴に隠れたり、羽織を着たらせっかくの背中の柄が隠れてしまうので羽織を着ない場合の方が多いですね。

お宮参り着物を五歳祝着へ
お客様の五歳袴姿です。凛々しい袴姿です!

当店以外の商品でも承ります。お気軽にご相談下さい。

 

着物(留袖)の行き直し

留袖の行きが短いので行き出しをいたしました。

小紋や紬などの柄がある着物と違って、黒や色無地などは筋やヤケが目立ってしまうことがあります。

袖をはずし、筋消しをすればきれいに仕上がりますが、

今回は、仕立屋さんにアイロンで折れ筋を消していただきましたが少々筋が残りました。

その後丸洗いをし、前よりも筋が目立たなくなりました。

留袖の行き直し

訪問着へ家紋入れ 縫紋(ケシ縫い)

仕立上がっている訪問着に家紋入れをいたしました。

今回は、縫紋のケシ縫いで丸に違い鷹の羽をお入れいたしました。

あまり仰々しくないように抜き紋ではなく縫紋で共濃い色の糸色にしました。

仕立て上っている訪問着なので背縫いをほどいて、縫紋を入れたあと、また縫い合わせる作業が必要になります。

縫紋 ケシ縫い

 

【料金】 縫紋ケシ縫い 6,500円(+税) 背縫い合わせ代2,000円(+税)になります。

 

 

着物のしわ取り

長い間タンスの中にしまっていた着物をいざ着ようと思って出してみたら、

キツイしわがついていたというような経験はないでしょうか?

高い着物にアイロンを当てて何かあったらと不安ですよね。

そんなしわ取りも呉服のひぐちで承ります。

しわ取り

料金はしわの多さによりますが、1,000円(+税)~承ります。急ぎも対応いたします。ぜひご相談下さい。

草履のかかとの交換

草履のかかとがすり減っているのをそのままにしてしまうと、裏革まですり減ってしまい、

草履の台まで壊れてしまいます。そうなる前に交換しましょう。

草履のかかとがすり減るぐらい着物を着てもらえるとうれしいですね。

かかと交換

【料金】 かかと交換 600円(+税)

色無地の染め替え

若くなってしまった色を落ち着いた色に染め替えしました。
染める色が淡い色なので脱色してから染め替えました。
光沢のある綸子系の生地は、染める色見本より薄く見えてしまいますのでご注意を。
色無地の染め替え
 

八掛の染め替え
八掛の染め替え
 

【料金】 着尺・八掛 脱色・染め・下洗い 26,000円(+税)

※仕立代は別途料金がかかります。

 

草履の鼻緒のすげ替え

草履を履いていて鼻緒の部分が痛くなって、もう歩くのが嫌になったという経験はないでしょうか?

太めの鼻緒にすげ替えるだけでとても履きやすい草履に変身します。

草履すげ替え

 

鼻緒もいろいろな種類がございます。今回は、フォーマルな鼻緒をすげ替えました。

草履鼻緒フォーマル

【料金】 鼻緒すげ替え代込み 5,500円(+税)

※古い草履は、鼻緒の交換ができない場合がございます。