ホーム>タンスにしまう時

タンスにしまう時

タンスにしまう時

  • きものには、防湿性の優れた桐のタンスが最も良いとされていますが、ない場合はその他の素材でも構いません。衣裳箱を用意するのもいいでしょう。
  • タンスは下にいくほど湿気があるので、上から高価なきものを順番に入れていきます。またきものと帯は別々にしまいましょう、きものも正絹、ウール、合繊など素材別におさめる方がいいでしょう。
  • きものをたくさん重ねるとぺしゃんこになってしまいます。1~2枚をゆったりと入れて下さい。
  • 防虫剤はきもの専用のものを一種類だけ使います。防虫剤は引き出しの隅におき、きものには直接ふれないようにします。