ホーム>女袴の着付

女袴の着付

袴の時のトイレの仕方

袴姿でのトイレの仕方を画像にしました。 成人式の振袖姿や男袴姿、七五三での着物姿でもこの方法が役立ちます。
すこし広めのゴムひもをご用意して下さい。 腰ひもでもいいのですが、コンパクトになるゴムひもをおすすめいたします。

1. 2.
後ろの帯の上にゴムを回します 前でゴムを結びます
hakama_toilet_001 hakama_toilet_002
3. 4.
両袖をゴムの下から通しひっかけます 袴をまくり上げます
hakama_toilet_003 hakama_toilet_005
5. 6.
袴を前にたばねます たばねた袴をゴムの下から通し、ひっかけます
hakama_toilet_006 hakama_toilet_007
7. 8.
着物の左のすそを持ち上げます 着物の右のすそを持ち上げます
hakama_toilet_008 hakama_toilet_009
9. 10.
着物をおしりまで持ち上げます 着物のすそをゴムの下からひっかけます
hakama_toilet_010 hakama_toilet_012
11. 12.
長襦袢も着物と同様にします

後ろ姿

hakama_toilet_013 hakama_toilet_014

終わりましたら、順番に下ろし、袖は手を洗ってから下すと袖が汚れません。
最後に袴の裾が折れていないか、リボン結びが緩んでいないかも確認しましょう。リボン結びは緩み易いので緩んでいたら蝶々結びをキュッと結んで下さい。

女袴の着付

1. 2.
まず袴の丈を自分に合わせ、帯が2cmくらい出るところに帯を結ぶようにします。 帯の位置を決めたら帯を結びます。手先を半分に折り、肩ぐらいまで出し、胴を2巻きします。
女袴の着付 女袴の着付
3. 4.
結び目になる所を斜めに折ります。 手先を上から結び上げます。
女袴の着付 女袴の着付
5. 6.
たれを半分に折ります。 たれ先から約20cmの幅にクルクルと折り返します。
女袴の着付 女袴の着付
7. 8.
クルクル巻いたリボンをギュッとつまみ、手先を巻きます。 手先を上に引き上げます。
女袴の着付 女袴の着付
9. 10.
手先を着物と帯の間に入れ込みます。 手先を下に引き出します。
女袴の着付 女袴の着付
11. 12.
余った手先を帯の中にしまい込みます。袴下帯の完成です。 袴下帯が2cmくらい出るように袴を合わせます。
女袴の着付 女袴の着付
13. 14.
袴の前ひもを後ろにまわし、帯のリボンの中心でひもを交差させます。 交差させたひもを一度ひねります。
女袴の着付 女袴の着付
15. 16.
リボンの羽根がひもの間に出るようにひもを下から前に出します。 前に出したひもを前で交差させます。
女袴の着付 女袴の着付
17. 18.
下のひもを上にあげます。 ひもに沿わせながら後にひもを回します。
女袴の着付 女袴の着付
19. 20.
後ろにまわしたひもを結びます。 蝶々結びでしっかりと結びます。帯のリボンが袴の土台になるので帯にリボンをひもで交差させたところからしっかり出します。
女袴の着付 女袴の着付
21. 22.
袴の中心を中央に合わせ、帯の上にのせます。(袴の後ろにヘラがある場合は、ひもと帯の間に挟み込みます。) 後ろからのひもを左前で(右前でもよい)結びます。
女袴の着付 女袴の着付
23. 24.
蝶々結びをします。 長い方のひもを結び目の下から通し、前に出します。
女袴の着付 女袴の着付
25. 26.
形を整え、出来上がりです! 横からの袴姿です。
女袴の着付 女袴の着付