ホーム>袴トイレの仕方

袴トイレの仕方

袴の時のトイレの仕方

袴姿でのトイレの仕方を画像にしました。 成人式の振袖姿や男袴姿、七五三での着物姿でもこの方法が役立ちます。
すこし広めのゴムひもをご用意して下さい。 腰ひもでもいいのですが、コンパクトになるゴムひもをおすすめいたします。

1. 2.
後ろの帯の上にゴムを回します 前でゴムを結びます
hakama_toilet_001 hakama_toilet_002
3. 4.
両袖をゴムの下から通しひっかけます 袴をまくり上げます
hakama_toilet_003 hakama_toilet_005
5. 6.
袴を前にたばねます たばねた袴をゴムの下から通し、ひっかけます
hakama_toilet_006 hakama_toilet_007
7. 8.
着物の左のすそを持ち上げます 着物の右のすそを持ち上げます
hakama_toilet_008 hakama_toilet_009
9. 10.
着物をおしりまで持ち上げます 着物のすそをゴムの下からひっかけます
hakama_toilet_010 hakama_toilet_012
11. 12.
長襦袢も着物と同様にします

後ろ姿

hakama_toilet_013 hakama_toilet_014

終わりましたら、順番に下ろし、袖は手を洗ってから下すと袖が汚れません。
最後に袴の裾が折れていないか、リボン結びが緩んでいないかも確認しましょう。リボン結びは緩み易いので緩んでいたら蝶々結びをキュッと結んで下さい。