ホーム>虫干し

虫干し

着物の虫干し

きものは生きています。
虫干しをして新鮮な空気を吸わせてあげることも思いやりです。

虫干しの時期

  • 虫干しは空気の乾燥している時に行なうことがポイントです。
  • 夏の土用の頃、9~10月の湿度の低い頃や、冬の乾燥した1~2月頃に寒干しするのが一般的です。
  • 虫干しする日は、晴天が2日以上続いた天気のよい日がいいでしょう。
  • 時間は、10時~14時までの間で2~3時間くらい干して下さい。

虫干しの仕方

  • 窓を開け、風通しのよい、日光の直接あたらない場所に干します。
  • きもの類は裏返しにして、帯や小物なども同じ場所で風にあてるようにします。
  • この時、しみやカビの点検もしておきましょう。
  • タンスの引き出しや衣裳箱も乾いた布でふき、日光にあてて乾燥させます。
  • どうしても虫干しの時間がない時は、たとう紙を広げて風を通すだけでもしておきたいものです。
  • タンスの引き出しをしばらく開けておくだけでも効果はあります。