ホーム>染めと織り

染めと織り

染めと織り

●着物の技法

service_233.jpg

一般的にきものは染の方が織よりもフォーマルとされ、紬などのきものは普段着として用いられます。帯は逆で、織の方が染よりもフォーマルとなります。しかし最近は、織のきものでも大島紬や結城紬など高価な紬に改まった柄づけをしたものは、フォーマル感のあるシーンで用いられています。

●染と織の組み合わせ

きもの イメージ
趣味性の高い着こなし
改まった雰囲気、正装の基本
柔らかい雰囲気
カジュアルの基本

きものと帯の組み合わせは、染のきものには、織の帯を合わせ、織のきものには、染の帯を合わせるのが原則的です。ただし染と染織と織の組み合わせも決して間違いではなく、組み合わせ方により様々な雰囲気が楽しめます。